×
PR

有吉弘行が紅白歌合戦(2023)の司会に選ばれたのはなぜ?去年は誰?

有吉弘行が紅白歌合戦(2023)の司会に選ばれたのはなぜ?去年は誰?
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

どうもけん坊です。

10月に入り紅白歌合戦の司会者の発表があり話題となっています。

2023年の「第74回紅白歌合戦」の司会には、有吉弘行さんと昨年に引き続き橋本環奈さん、新しく浜辺美波さんが選ばれました。

今回、なぜ有吉弘行が選ばれたのでしょうか?また、去年の司会者は誰だったのかも気になったのでリサーチしていきます。

この記事では有吉弘行さんが司会に選ばれた理由を徹底解明していきます!

それでは早速みていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. 有吉弘行のエンターテイメント界での成功

有吉弘行さんは、日本のエンターテイメント界で輝かしいキャリアを築いたコメディアンであり、テレビ司会者でもあります。

今となっては、どこのテレビ局の番組を見てもどこかしらに出演されているので有吉弘行さんを見ない日はないと言っても過言ではありません。

そして、有吉弘行さんのユニークなユーモアセンスとキャリスマは、視聴者に広く愛されており、その成功が紅白司会へのオファーに影響している可能性が高いです。

スポンサーリンク

2.音楽番組の司会経験あり

有吉弘行さんは丁度2023年7月テレビ東京で音楽番組の初司会を務めています。
これも今回紅白の司会者に選ばれた理由の一つだと思われます。

3. 紅白歌合戦の司会者選定の背後にある要因

紅白歌合戦の司会者選定には慎重な考慮がされます。

その年のテーマや音楽業界の動向、視聴者への訴求力などが要因として挙げられます。

有吉弘行さん視聴者に愛されていますし、先にもお話しした通り、様々な番組のMC経験があり番組を盛り上げています。

そして何よりポテンシャルの高さが期待されていると思われます。

スポンサーリンク

余談・『櫻井翔はやっぱりいない』

2023年大きな話題となった故・ジャニーズ喜多川氏の性加害問題の影響で、毎年常連だったジャニーズタレントの起用が無くなったのはNHKにとっても痛手ではないでしょうか。

櫻井翔さんは嵐として2010年から5回連続白組司会。個人としての紅白司会は3回出演されていました。

しかし、今回の問題でその継続が経たれてしまいました。

頑張っているタレントたちは悪くないのに残念ですよね。

NHKは9月末の定例会見で稲葉延雄会長がこのように答えています。

「現時点でジャニーズタレントの新規契約を行わない」「契約がすでに決まっているタレントはそのまま出演するが、新規の出演依頼については、被害者への補償と、再発防止への取り組みが着実に行われていることを確認されるまでは行わない」

引用元:スポニチ

紅白もの同じ方針で対応するとも答えているので、現時点でのジャニーズタレントの出演は0なのか?という問いにも『現時点ではそうなる』と回答している。

なので残念ながら、2023年の司会には櫻井翔さんは出演しないことになります。

スポンサーリンク

4. 去年の司会者との比較

昨年2022年の司会者は大泉洋さんと橋本環奈さんでした。橋本環奈さんは引き続き今年も司会を担当されますので、前回の大泉洋さんと今回の有吉弘行さんを比較してみましょう。

  1. 司会スタイル:
    • 大泉洋さんは、ユニークで笑いの要素が豊富な司会スタイルで、視聴者を楽しませました。彼のユーモアセンスは独自で、番組に明るさをもたらしました。
    • 一方、有吉弘行さんは、エンターテインメント界での成功とキャリスマを持つ司会者です。彼のスタイルはより多彩で、視聴者に驚きと笑顔を提供することが期待されています。
  2. キャラクター:
    • 大泉洋さんは、親しみやすいキャラクターとして知られており、視聴者からの支持が高いです。彼の自然体な魅力は番組を魅力的にしました。
    • 有吉弘行さんも、個性的で魅力的なキャラクターを持っており、幅広い層から支持を受けています。彼の言葉遣いや表現力は視聴者を引き込みます。
  3. 期待と不安:
    • 去年の大泉洋さんの司会が素晴らしかったため、今年の有吉弘行さんへの期待は高まっています。視聴者は新しい司会者が番組にどんな魅力をもたらすのか、楽しみにしています。
    • しかし、新たな司会者が登場する際には、不安もつきものです。視聴者は大泉洋さんの司会スタイルと有吉弘行さんのスタイルの違いにどう適応するか、興味津々です。

去年の大泉洋さんと今年の有吉弘行さん、それぞれが紅白歌合戦に独自の魅力をもたらしました。彼らの司会は番組を豊かにし、視聴者に楽しい時間を提供しました。今年の紅白歌合戦がどのような新たな展開を見せるか、期待とワクワクが募るばかりです。

スポンサーリンク

5. 有吉弘行の司会への期待

有吉弘行さんが紅白歌合戦の司会を務めることに対する視聴者の期待は高まっています。彼のユニークなスタイルやユーモア、キャラクターがどのようにイベントを盛り上げるのか、楽しみにしているファンも多いことでしょう。

SNSでも話題となっています。

スポンサーリンク

しかし、毒舌キャラで有名なの有吉弘行さんなので結構アンチな人たちもいます。

見たくないなら見なきゃいいだけの話。

わざわざSNS使って見ない宣言しなくていいと思いますけどねww

おっと、こーいう毒舌が危ない引き金になるんですよね・・・危ない危ない。

スポンサーリンク

6. 紅白歌合戦のトレンドと未来展望

紅白歌合戦は日本の音楽業界において重要な位置を占めており、その未来についても注目されています。将来的にはどのようなトレンドや変化が予想され、紅白歌合戦はどのように進化していくのでしょうか?

紅白歌合戦のトレンドと未来展望について考えてみましょう。

多様性と包括性の重要性

紅白歌合戦は、多くのアーティストや音楽ジャンルを一堂に集める場であり、今後もその多様性が重要視されるでしょう。様々な音楽ジャンルや世代からの出演者を迎え、幅広い視聴者にアピールすることがトレンドとなります。また、社会的な変化や意識の高まりに応え、包括性を重視した番組内容や出演者選定が行われることでしょう。

デジタルプラットフォームとの連携

紅白歌合戦はテレビだけでなく、オンラインプラットフォームでも視聴可能となるでしょう。デジタルプラットフォームを活用したライブストリーミングやコンテンツ提供が増え、視聴者の多様なニーズに応えます。SNSを活用した視聴者参加型の企画やコミュニケーションも一層発展するでしょう。

イベントのエンターテインメント性の向上

紅白歌合戦は音楽だけでなく、エンターテインメントイベントとしての要素も重要です。将来的には、特別な演出やコラボレーション、驚きの要素を取り入れ、視聴者を楽しませる取り組みが増えるでしょう。また、新たなフォーマットやゲスト出演者の発表方法にも工夫が凝らされることでしょう。

海外からのアーティストとの交流

紅白歌合戦は日本国内だけでなく、海外からのアーティストとの交流が広がる可能性もあります。国際的な音楽イベントとしての位置づけが強化され、国境を越えた音楽の交流が盛んになるでしょう。

紅白歌合戦は日本の音楽業界の誇りであり、そのトレンドと未来展望には多くの期待が寄せられています。これからも音楽とエンターテインメントの魅力を伝え、視聴者に感動と楽しさを提供し続けることでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

有吉弘行さんが紅白歌合戦(2023)の司会に選ばれた理由は

エンターテイメント界での成功と視聴者への訴求力が大きな要因と言えるでしょう。

去年の司会者大泉洋さんとは違った面白さがあるのと、毒舌キャラの有吉弘行さんが真面目なNHKではどのような司会を務めるのか楽しみですね!

何かぶっ込んでくるのか期待している人が多いのではないでしょうか笑

今回のリサーチは以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンド
スポンサーリンク
気になるトレンドをリサーチ