×
PR

りんの田舎暮らし・エキノコックスで大炎上?【ユーチューバーりん】

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

どうもけん坊です。

踊るさんま御殿に出演した

りんの田舎暮らしのりんちゃん

『キツネを抱っこしたことがある』と発言して

危険だと視聴者からは指摘が殺到。

SNSでは「冗談でも放送したらダメ!真似して死ぬ人がでるよ!」

などの声もあがっており大炎上。

りんちゃんを応援している管理人、心配でございます。

なので今回は、

★踊るさんま御殿での経緯
★エキノコックス症とは何なのか?
★エキノコックス症になるとどうなるのか?
★りんの田舎暮らしのりんちゃんは大丈夫なのか?

コチラをリサーチしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

踊るさんま御殿での経緯

テレビ初出演となったりんちゃん。

「野生の動物に囲まれながら過ごしている」というトークの際には

「知床の熊は結構優しい」や「キツネや鹿なら庭先に来る」と話し、

スタジオを驚かせていました。

さらに明石家さんまさんが

「キツネって触ったら危ないんでしょ?」と聞くと、

りんちゃん「え?」と困惑した顔をして「抱っこしたことあります…」と。

これにはスタジオの他の出演者さん唖然。

「菌をたくさん持っているから危ないよ!」と注意される事態に。

ネット上でも炎上。

りんって子。はじめて知ったけど、北海道でキツネに触ったって。いやいや触るのは駄目だろ。野生のキツネに触れたら駄目なのは常識だろ。知らないにも程がある。

YouTuberのりんちゃんとやら、キツネはむやみに触れ合うのはやめとけ!!!エキノコックスとか色々とやべぇの持ってっから!

などとコメントが殺到したという訳です。

エキノコックス症に関しては、

都会に住んでいる私でも知っているヤバいやつなので

これをテレビで言っちゃったのは問題ありますが、

りんちゃん素人なんだからフォローしてあげたらいいのに。。。

そもそも、テレビ局側も何でカットしなかったんだ?

生放送じゃないんだから上手く出来るでしょうよ。と

私的には思いました。

皆さんはどう思いますでしょうか?

素人がテレビに出ると何が起こるかわかりませんねー。

この、皆さんが口を揃えて「危ない」と話す”エキノコックス”とは、主にキタキツネを媒介として人の口から体内に侵入し、幼虫となって肝臓などに寄生する病原体で、10年ほどの時間が経たないと発病が発覚しないことから、大変危ない病気であると考えられています。

動物との距離が近いのは微笑ましいですが、気をつけてほしいですね。


エキノコックス症とは何なのか?

 

エキノコックス(Echinococcus)による感染症で、単包条虫(Echinococcus granulosus )と多包条虫(Echinococcus multilocularis )の2種類がある。

体内に発生した嚢胞は緩慢に増大し、周囲の臓器を圧迫する。多包虫病巣の拡大は極めてゆっくりで、肝臓の腫大、腹痛、黄疸、貧血、発熱や腹水貯留などの初期症状が現れるまで、成人では通常10年以上を要する

引用元:厚生労働省

こちらを簡単にお話すとですね、

”エキノコックス症”

主にキタキツネを媒介として人の口から体内に侵入し、幼虫となって肝臓などに寄生する病原体で、10年ほどの時間が経たないと発病が発覚しないことから、大変危ない病気とされています。

りんちゃんは大丈夫なのだろうか??

りんちゃんは自然派な子なので、

動物との距離が近いのは微笑ましいですが、

気をつけてくれー(TДT)

スポンサーリンク

エキノコックスに感染するとどうなるのか?

感染後症状が現れた状態で放置すると約半年で腹水が貯留し、やがてに至る。

引用元:厚生労働省

 治療法はあるのか?

発症前や早期の無症状期でも、スクリーニング検査の超音波、CT、MRIの所見から検知される場合がある。
診断:肝臓の摘出組織や生検組織から包虫あるいは包虫の一部の検出、血清から抗体の検出
治療: 外科的切除が唯一の根治的治療法

引用元:厚生労働省

りんちゃん、本当にキツネを抱っこしたことがあるのなら、

検査してほしいですね。

Twitterでも「検査して欲しい」などの声が上がっております。

ただ、人から人に感染することは無いそうなので、

の辺は安心です。

スポンサーリンク

りんの田舎暮らしのりんちゃんは大丈夫なのか?

潜伏期間が10年もあるので、検査しない限りわからないですよね。

現状は変わらずYouTubeやTikTokなどの投稿を続けていますので

元気なのだと思います。

検査したのか?本当に抱っこしたのか?など

心配している人も多いと思うので

その辺の報告動画をアップして欲しいなと

思いますね。

今回のリサーチは以上となります。

最後までご覧いただきありがとうございました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
Youtuber
スポンサーリンク
気になるトレンドをリサーチ